サプリメント

コラーゲンを食品から摂取するには

女性から人気のある美容成分は多く存在しますが、その中でも美容と健康の双方から効果を発揮する成分が最近では注目されています。
美容では肌の老化等を防ぎ、若返り効果が期待されているのですが、その成分が含まれている化粧品には物凄く人気が有るのです。
そんな女性に魅力的な成分とは、コラーゲンなのです。

コラーゲンには化粧品を始め、最近ではサプリメントや健康食品などが主流となっていますが、もちろん食事によって摂取する事も可能なのです。
サプリメントや健康食品に比べればその摂取量は少ないかもしれませんが、食品内のコラーゲンによって美容や健康効果を期待する事は十分に可能なのです。
では、コラーゲンを食品から摂取する為には、具体的にどのような食品が必要なのでしょうか。

まず、コラーゲンを多く含む食品とは2種類に分かれるのですが、動物性と海洋性に分けることが出来ます。
動物性の食品には、豚肉や鶏の皮、軟骨、豚ばら肉等が挙げられるのですが、案外身近に食べている食品の中にもコラーゲンが含まれている事が理解できます。
もちろん鶏の骨を煮込む事によって作られた豚骨ラーメンにも、スープにはコラーゲンが多く含まれているのです。
もう1つの海洋性のコラーゲンを含んだ食品には、高級食材としても有名なフカヒレ、うなぎ、エイヒレ、スッポンhttp://spider8.jp/hukumareru.html等を挙げる事ができます。
動物性に比べればあまり親しみが無いかもしれませんが、主に中華料理等に多く使われる食品に多いのです。

ただ、これらの食品から摂取する場合には注意点が有り、一度に多くの量を食べてしまうと高カロリーになってしまう危険性があります。
栄養バランスも考えながら摂取するのが理想的なので、過剰に摂取する事だけは避けておきましょう。

これらの事から、コラーゲンを食品から摂取するには2種類の食品から選択して摂取していく必要が有ります。
身近な食品から摂取するのであれば動物性の食品が適当であり、普段良く食べている豚足や軟骨、豚ばら肉から摂取する事が出来るのです。


このページの先頭へ